前へ
次へ

人材派遣で働く人は雇用保険に入れるのか

人材派遣会社で働こうか迷っている人は、労働者にとって大切な保険である雇用保険に入れるかどうかも大きな悩みのようです。
雇用保険は失業保険であり、育児休業などの給付金や教育訓練給付金などを利用するために必要なものです。
転職が多い派遣社員には頼りになるものなので、適用となるかどうかはしっかり覚えておきたいものですが、それには条件があるので押さえておきましょう。
まず、同じ人材派遣会社に31日以上雇用される見込みが必要です。
そして1週間の所定労働時間が20時間以上になるなら加入ができます。
すでに契約中なら給与明細を見ればわかりますが、事前に派遣会社の担当者に相談してみましょう。
ただ、派遣社員はほとんどの場合雇用保険の条件に該当するため、問題なく加入となるはずです。
例えば1週間の所定労働時間を20時間以上にするためには、月曜から金曜まで1日4時間以上働くか、1日7時間で週3日働くことでクリアとなります。
ほとんどの人がこの基準を満たすと思われますが、こうした場合は企業が雇用保険へ加入する義務がありますので、間違いのない会社なら加入となっているでしょう。
31日以上の雇用は予定なので、契約の更新で31日以上雇用状態にある予定であれば問題ありません。
ただし、失業給付を受けたいなら、厚生労働省が定める該当条件を満たし、過去1年間に6ヶ月以上雇用保険の加入期間が必要です。
自己都合退職では過去2年間に12ヶ月以上の雇用保険加入期間が必要となりますので、受給条件はハローワークで相談するとよいでしょう。
健康保険と厚生年金保険も大事な保険ですが、加入は派遣期間2ヶ月超が必要です。
満40歳以上になると介護保険加入義務も生じますので、健康保険料とともに天引きされていることを知っておくことも大切です。
社会保険はあらゆるときに備えるものですが、働く以上、加入の条件や強制力についても勉強しておかなければなりません。
すべてを把握したうえで、足りないものを補填するために自分が必要とする任意保険を検討するとよいでしょう。

建設スタッフRECRUIT
安定した仕事を求めている方におすすめです。

ガテン系工員募集ページ
面白みをもって働けます。

梅田駅 データ入力 アルバイト

社会保険など福利厚生も整った環境で働けます

社会保険や手当などの福利厚生も整った職場

有限会社大地リース|クレーンオペレーターになれる東京の求人

女性が活躍している東京の職場
同性と働きたい方におススメしています。

大阪市天満エリア経理求人
ナニワのweb会社です。

工事監理スタッフ採用広告
工程管理をお任せします。

在宅プログラマー求人info
腰を据えて働けます。

Page Top